いちょうブログBLOG

下剤を飲まない大腸カメラ

天白区はせがわクリニック院長 長谷川俊之です。 当院では年間2000件近くの胃カメラ・大腸カメラ検査を行っています。   多くの方々が、苦痛なく検査を受けれたと笑顔で帰られるなか 大腸カメラ前の腸管洗浄剤(下剤)を飲むのが辛かったと感じられる方が見られています。   腸管洗浄剤(下剤)は以前に、選択可能であることをお伝えしていますが...続きを読む

虚血性腸炎

はせがわクリニック院長 長谷川俊之です。 今回は、血便の原因としてよく見られる虚血性腸炎について説明致します。   大腸は、粘膜の新陳代謝も早く、通常でも多くの血流を必要としています。 そこに、便秘などによって粘膜近くの血管が強く圧迫されると 血流が遮断されて、大腸粘膜に血液が足りない状態(虚血)になって発病します。   大腸粘膜は...続きを読む

逆流性食道炎

はせがわクリニック院長 長谷川俊之です。 普段から、胸やけや喉の詰まり感 長引く空咳や胸の痛みなどの症状に 悩まされている方もいらっしゃると思います。 今回は、このような症状をもたらす逆流性食道炎について 実際の写真を見ながらご説明致します。     まずは正常な方の、胃と食道の粘膜の境目を見ていきます。 写真で、縦の赤い筋(血管)...続きを読む

食道カンジダ症

はせがわクリニック院長 長谷川俊之です。 今回は、食道カンジダ症についてお話します。   「カンジダ」と言う真菌の名前を 聞かれたこともある方は多いと思います。 「カンジダ」は普段から人の皮膚や粘膜に住み着いており 極端に増えない限り、害になることはあまりありません。   健常な人の食道にも、時々「カンジダ」が増えることがあり 胃カ...続きを読む

大腸カメラへのこだわり

はせがわクリニック院長 長谷川俊之です。 近年、大腸癌による死亡者数が著明に増え続けています。 特に女性において、すべての癌の中で 最も多くの患者様が大腸癌にて亡くなっているのが現状です。 大腸癌を発見・診断するために最も適した検査は大腸カメラです。 当院では月に80名を超える方々が大腸カメラを受けられています。 早期の大腸癌の方も...続きを読む

帯状疱疹に対するワクチンの助成

はせがわクリニック院長 長谷川俊之です。 昨年の1年間、大変多くの方々に当院にて胃カメラ・大腸カメラ検査を受けて頂き 誠にありがとうございました。 特に年末には、月に200件を超える検査数となりました。 今後とも、出来る限り検査による苦痛が少ないように、スタッフ一同心掛けて参ります。 また、出来る限り早期に検査の対応を行っていきます...続きを読む

増え続けている潰瘍性大腸炎

はせがわクリニック院長 長谷川俊之です。   潰瘍性大腸炎ですが 普段は、あまり聞き慣れない病名かと思われます。 しかし、ここ最近は食生活の欧米化と共に日本人にも急速に増えつつある病気です。 当院でも開院以来で19名の方に、この潰瘍性大腸炎の診断や治療を行ってきました。   潰瘍性大腸炎の多くの方は、長引く下痢や腹痛を訴えて病院へ受...続きを読む

大腸ポリープの治療

はせがわクリニック院長 長谷川俊之です。 少しずつ夏が近づいてきました。暑い日には、熱中症に気を付けてこまめに水分補給をしてください。 特に、OS-1などの水分吸収の早い飲料がお勧めです。 今回は当院における大腸ポリープ治療について御説明します。 ここ最近はNHKにて大腸癌の特集も組まれており 新たに大腸ポリープや大腸癌へ関心を持た...続きを読む

開業後1年間の御報告

はせがわクリニック院長 長谷川俊之です。 本日の4月17日で、開業してから1年が経過しましたので この1年間を振り返ってご報告致します。   天白区の高宮町という、丘の上にある土地に開業させて頂き 地域の方々の御支援・御協力に支えられ この1年間で、内科・皮膚科に3000名を超える患者様が当院に来院して頂きました。 特に内視鏡検査は...続きを読む

ピロリ菌検査の方法は複数あることを御存じですか?

はせがわクリニック院長 長谷川俊之です。 胃癌の原因となるピロリ菌に関して、御自身や御家族も感染していないか心配されている方もいらっしゃると思います。 今回は、ピロリ菌の検査について実際どのようにされているか、お話したいと思います。 当院で採用しているピロリ菌検査は5種類あり、それぞれについて簡単に御説明致します。   ①尿素呼気試...続きを読む

1 / 3123
2020年10月
9月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ページの先頭へ戻るPAGETOP