診療案内MEDICAL

  • 些細な体の不調も
    お気軽にご相談ください
  • 内科

内科では、風邪やインフルエンザなどの感染症をはじめ、高血圧や糖尿病、高コレステロール血症といった生活習慣病、不眠やうつ状態などの診療・治療に幅広く対応しております。
体の不調のサインを見逃さないためにも、「体調がすぐれない…」「少しおかしいかも…」と思うことがあれば、不安をかかえずに、お気軽にご相談ください。当院では、患者様に些細なことも安心して相談していただけるよう、信頼関係を築く上でコミュニケーションを大切にしております。診療においては全て、総合内科専門医としてエビデンスに基いた診療を行っています。

こんな症状・疾患でお悩みの方はご相談ください

  • 発熱
  • 頭痛
  • せき
  • 鼻水
  • のどの痛み
  • 腰痛
  • 骨粗しょう症
  • 更年期障害
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 不整脈
  • 貧血
  • 喘息(ぜんそく)
  • 花粉症
  • 不眠症
  • うつ状態
  • 専門医による
    安心の診療
  • 消化器内科

消化器内科では、専門の臓器(食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓など)に特化した診療を行います。
先進の内視鏡、エコー検査装置などを完備しており、内視鏡検査によるがんの早期発見・治療から、ピロリ菌の除菌、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・逆流性食道炎・急性胃腸炎などの胃腸の病気、胆石・脂肪肝などの診療・治療に対応。日帰りの大腸ポリープ切除も行っており、胃カメラ・大腸カメラ検査の同日受診も可能で、胃カメラに関しては当日予約も承っております。
また当院院長は、消化器、消化器内視鏡、肝臓に関する学会において専門医や認定医資格を有し、多数の経験と専門性の高い知識・技術による、効果的で質の高い医療を提供しております。

こんな症状・疾患でお悩みの方はご相談ください

  • 胃もたれ
  • 胃の痛み
  • 胸やけ
  • 食欲不振
  • げっぷ
  • 便秘・残便感
  • 下痢
  • 血便・黒色便
  • 嘔吐・吐き気
  • 体重減少
  • のどや口の中が
    酸っぱい(呑酸)
  • 肝障害
  • ピロリ菌感染

院長のご紹介はこちらから

ピロリ菌外来

呼気を測るだけ!約2分でピロリ菌迅速検査装置

ピロリ菌は胃炎や胃潰瘍そして胃癌の原因にもなる菌で、一度感染すると生涯にわたり胃炎を起こし、自然には消失することはありません。感染経路としては、ここ最近は幼少期の頃に親等からの口を介して感染するケースが多いようです。ピロリ菌感染が分かれば慢性胃炎の治療としてピロリ除菌の必要性がありますが、ピロリ菌の診断・除菌治療を保険診療で行うためには事前に胃カメラで胃の中を詳しく診ておく必要があります。
ピロリ菌感染を診断する方法は、採血検査(抗体検査)・内視鏡検査(迅速ウレアーゼ試験)・尿検査(抗体検査)・便検査(抗原検査)・呼気テスト(尿素呼気試験)があり、当院ではこれらすべての検査が可能です。その中でも特に呼気テストは最も精度が高く簡単に行える検査で、当院には専用機器(POC one)を導入しており、その場で正確な結果をご説明出来ます。呼気テストは、お電話で予約して頂き朝食を食べずに受診してください。
検診等で慢性胃炎やピロリ菌陽性を指摘された方、除菌後の判定を行っていないかも知れない方等、お気軽にご相談ください。

肝臓外来

*

検診や他院等で肝機能異常(「ALT」「AST」「γ-GTP」の上昇)を指摘された方は、是非ともご相談ください。日本肝臓学会の肝臓専門医の立場から、肝障害の原因精査・治療をしっかりと行っていきます。
肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれており、肝機能異常があっても、かなり病状が進行するまで自覚症状が出ません。他の病気に関係した血液検査や健康診断で初めて肝機能異常が判明する方がほとんどです。肝機能障害がさらに進んでいくと取り返しのつかない肝硬変の状態になるため、軽度のうちに治療を行う必要があります。肝障害の原因は多くあり、B型肝炎・C型肝炎・脂肪肝・アルコール性肝炎・自己免疫性肝炎・原発性胆汁性肝硬変・薬剤 性肝障害・代謝性肝障害等があります。採血検査および腹部のエコー検査および問診を行うことにより、原因を特定して治療していきます。
平成20年より、B型・C型肝炎患者医療給付事業が開始されました。B型肝炎・C型肝炎ウイルス除去のためのインターフェロン治療やインターフェロンフリー治療、核酸アナログ製剤治療の治療費を国が助成する事業で、所得に応じて患者様の自己負担金が減免されます。診察の際に当院で可能な治療と助成についての説明を詳しくお伝えします。当院は肝臓病学会・消化器病学会の専門医であり、手続きに必要な診断書の作成が可能です。医療費助成で心配なことがあればお気軽にお尋ねください。

便秘外来

皆様の快適な排便習慣をお手伝いするために、当院は「便秘外来」を開設しています。便秘は日本人の成人の14%の人が悩んでいるとされていますが、体質だと捉えて、適切な治療を受けている方はとても少ないのが現状です。
便秘の適切な治療法は便秘タイプや症状などにより変わり、それぞれの患者様に合った治療方法があります。症状に合わせて、緩下剤や刺激性下剤、腸管運動促進剤や漢方薬、新しく販売承認された自発排便を目指す「グーフィス」等のお薬を相談しながら調節していきます。また、症状によっては腹部や大腸の検査も必要な場合があります。便秘でお困りの方は、是非一度ご相談ください。

こんな症状・疾患でお悩みの方は
ご相談ください

  • 強くいきまないと便が出ない、便が硬い、または兎糞状便
  • 排便後もすっきりせず、残便感がある
  • お腹の張りがあって、下腹部が不快感
  • 便秘と下痢を繰り返す
  • 市販薬を飲まないと出ない、便秘薬を増やさないと出ない
  • 便に血液が混じる

患者様を第一に考えた
苦痛が少なく気軽に受けやすい
やさしい
内視鏡検査

経験に裏付けされた技術専門医・認定医による
質の高い検査
消化器、消化器内視鏡、肝臓に関する学会において専門医や認定医資格を有している院長が、その知識と技術を駆使した検査を行います。今までの経験をもとに、患者様目線で寄り添った検査で、より苦痛の少ない、安心できる内視鏡検査を提供します。
不安の強い方にも鎮静・鎮痛を
行った検査
痛みや検査そのものに不安がある方でも、麻酔の使用により眠ったような状態で内視鏡を受けていただけます。
検査・治療中も、ベッドサイドモニターで心電図や血圧、呼吸状態(SpO2)などの全身の状態を確認しながら施術を行いますので、安心です。
優れた性能で負担を軽減先進の内視鏡装置
による検査
当院では、富士フィルム社製:経鼻内視鏡、オリンパス社製:大腸内視鏡を導入しております。大学病院と同レベルの優れた性能で、より的確な検査・診断を可能に。疾患の早期発見にも繋がるため、初期段階での負担の少ない治療も行えるなどの利点があります。
経鼻内視鏡検査
について胃カメラ検査
鼻から入れる
苦痛の少ない胃カメラ
天白区はせがわクリニックの胃カメラ検査では、鼻から入れる「経鼻内視鏡」を採用。口から入れる「経口内視鏡」と比べて細く、管がのどの付け根に触れることがないため、スムーズな挿入と苦痛・不快感の軽減を実現します。また、一人ひとりの患者様に合わせた鎮静・鎮痛も行いますので、より安心して検査を受けていただけます。
鼻から入れる苦痛の少ない胃カメラ
細く柔らかい内視鏡で
不快感をほとんど感じません
舌の根元に触れないため
吐き気が少ない
経鼻内視鏡は管が細いだけでなく、舌の根元に触れることなく挿入が可能なため、吐き気をもよおすことなく検査ができます。

経鼻内視鏡 経口内視鏡

口がふさがらないため
検査中の会話が可能
経鼻内視鏡では自由に口を動かすことができ、検査中の状態を知らせたり確認するなど、その場での医師との会話が可能です。

検査中の会話が可能

カメラの特徴

2波長のレーザー光源を搭載で、
微細病変を確認しやすくがんなどの早期発見に繋げます

2つのレーザー光源を搭載

一つは「白色光用」という、蛍光体を発光させ明るい光で鮮明な画像を映し出すレーザー。もう一つは「BLI用」という、微細な血管や表面構造を高コントラストで映し出すレーザーです。この異なるの2波長のレーザーにより観察部分を照らし出すことで、微細病変をより確認しやすくなりました。

レーザー照明の概念図
レーザー照明の概念図
(実際の構成とは異なります)
胃粘膜イメージ
胃粘膜イメージ

BLI(Blue LASER Imaging)画像

血管や表面構造などを的確に映し出します
血管や表面構造などを
的確に映し出します

LCI(Linked Color Imaging)画像

粘膜の微妙な色の違いを強調し炎症の診断に役立てます
粘膜の微妙な色の違いを強調し
炎症の診断に役立てます
胃カメラ 検査料
初診料、再診料などは別途必要です。
胃カメラはお口からでも、お鼻からでも費用は同じです。

横にスワイプしてご覧ください。

検査内容 負担1割 負担3割
観察のみ 約1,300円 約4,000円
組織検査あり 約2,300円 約7,000円
観察+鎮静剤 約1,650円 約5,000円

※料金は目安となります。使用する薬剤の組み合わせにて、多少の違いがあります。
当院では、胃カメラ・大腸カメラ検査の同日受診も可能です。また、胃カメラは当日予約も承っております。

大腸内視鏡検査
について大腸カメラ検査
粘膜や毛細血管などの
近接観察も可能
従来のハイビジョン画質を大幅に上回る高精細画像を実現する内視鏡ビデオスコープシステムです。
観察性能に優れており、胃や大腸などピント合わせの難しい狭い空間においても、鮮明な画像を映し出し、がんなどの微細病変の早期発見に役立ちます。
大腸カメラ検査
カメラの特徴

NBI搭載で、臓器の奥まで明るく映す詳細な観察と
高画質画像が可能に

NBI(狭帯域光観察)を搭載

オリンパス社の技術である「NBI(狭帯域光観察)」という特殊な光を粘膜にあてることで、対象臓器の奥まで明るく、粘膜や毛細血管を鮮明に映し出すことができ、通常光では難しかった、詳細な観察をサポートします。

2色の光をあて、毛細血管を鮮明に映し出す
通常光観察画像
通常光観察画像
NBI(狭帯域光観察)画像
NBI(狭帯域光観察)画像

挿入性の向上・痛みの軽減

腸内は複雑に曲がりくねっており、カメラの湾曲部が腸壁を押すと鈍い痛みを感じることがあります。そこで、腸壁にスコープがあたると自然に曲がる「受動湾曲」機能を採用したことで、患者様の苦痛を軽減させ、かつ挿入がスムーズな検査が行えます。

受動湾曲部
受動湾曲部

受動湾曲部が腸壁にあたって力がかかると、この受動湾曲部が自動的にしなります

大腸カメラ 検査料
初診料、再診料などは別途必要です。

横にスワイプしてご覧ください。

検査内容 負担1割 負担3割
観察のみ 約1,700円 約5,000円
観察+鎮静剤 約2,150円 約6,500円
組織検査あり 約2,700円 約8,100円
ポリープ切除 約6,000円 約18,000円

※料金は目安となります。使用する薬剤の組み合わせや切除するポリープの数にて、
多少の違いがあります。

当院では、日帰りの大腸ポリープ切除や、胃カメラ・大腸カメラ検査の同日受診も可能です。

  • 一般皮膚科を中心とした
    皮膚のお悩みに対応しています
  • 皮膚科

皮膚の表面はもちろん、爪・髪の毛等の目に見える範囲の病気を保険診療で治療をいたします。
また、皮膚は内臓の鏡ともいわれ、皮膚病変から内臓の病気が見つかることもありますので、必要に応じて全身的な検査も行います。どうぞお気軽にご相談ください。

こんな症状・疾患でお悩みの方はご相談ください

  • にきび
  • 水虫・爪水虫
  • 帯状疱疹
  • イボ・水イボ
  • フケ症
  • アトピー性皮膚炎
  • 手あれ
  • 乾燥肌
  • かゆみ
  • 虫刺され
  • ヘルペス
  • うおのめ
  • たこ

アレルギー性鼻炎

*

スギ花粉症や通年性アレルギー性鼻炎でお悩みの方へ。スギ花粉症は、スギ花粉が原因(アレルゲン)となって起こるアレルギー疾患です。主にくしゃみ、鼻水、目のかゆみなどのつらい症状を伴い、日常生活の様々な場面で影響を及ぼしてきます。このようなスギ花粉症に対する治療法として、以前からアレルゲン免疫療法がありました。この治療法は、アレルギーの原因となっているアレルゲンを少量から身体に投与することで、身体をアレルゲンに慣らしアレルギー症状を和らげたり、日常生活への影響を改善するな どの効果が期待出来ます。
今までは、このアレルゲンを皮下に注射する方法が中心でしたが、平成30年6月29日より舌下に治療薬を保持する「シダキュア」が一部のクリニックで処方可能となりました。はせがわクリニックでは、この「シダキュア」を処方することが出来ます。この治療は、スギ花粉症に対する根本的な体質改善が期待される治療法です。特に、スギ花粉が飛散していない今の時期からの治療が望ましいです。毎年のスギ花粉症でお悩みの方は、是非とも御相談下さい。

AGA(男性型脱毛症)

*

男性型脱毛症の方に、当院ではザガーロカプセル0.5㎎(グラクソ・スミスクライン)を処方しています。1か月分(30錠)で9000円(税込み、初診・再診料込み)です。

予防接種

天白区のはせがわクリニックでは各種予防接種も行っております。ご希望の方は、お電話またはWEB受付から事前にご予約ください。
*小児のワクチンは対応していません。ご了承ください。

ワクチンで予防可能な疾患

  • B型肝炎
  • インフルエンザ
  • 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
  • 水痘(みずぼうそう)
  • 狂犬病
  • ジフテリア
  • 肺炎球菌感染症
  • 破傷風
  • 百日咳
  • 風疹
  • ポリオ
  • 麻疹

名古屋市のワンコイン
がん検診・肝炎ウイルス検査

天白区のはせがわクリニックは、名古屋市がん検診実施医療機関です。胃がん検診はワンコイン(500円)で内視鏡検査を行うことができます。他にも、大腸がん・肺がん・前立腺がんのワンコイン検診、C型・B型肝炎ウイルス検査も実施しています。

健康診断・各種検診

病気は早期発見・早期治療がとても重要です。また健康管理のためにも、ご自身の健康状態を正確に把握し、健康の維持に役立たせましょう。
また、緊急の血液検査や迅速ピロリ菌検査、インフルエンザなどの感染症検査等は、院内で検査してその日の内に結果がわかり、その場でご説明することも可能です。

迅速検査設備のご紹介

検査内容・方法
健康診断 問診、身体診察、身体計測(身長・体重)、血圧測定、検尿、胸部レントゲン検査、上部消化管造影検査、血液検査、心電図
特定健康診査
(メタボ健診)
問診、身体診察、身体計測(身長・体重・BMI・腹囲)、血圧測定、検尿、血液検査
4月1日時点で40歳・45歳・50歳・55歳・60歳・65歳・70歳の方:心電図検査、貧血検査も実施
胃がん検診 問診、経鼻内視鏡検査(胃カメラ・胃内視鏡)
名古屋市のワンコイン胃がん検診も受け付けております。
大腸がん検診 問診、免疫便潜血検査(2日法)
名古屋市のワンコイン大腸がん検診も受け付けております。
肺がん検診 問診、胸部レントゲン(X線)検査
名古屋市のワンコイン肺がん検診も受け付けております。
前立腺がん
検診
問診、血液検査(PSA検査)
名古屋市のワンコイン前立腺がん検診も受け付けております。
B型、C型肝炎
ウイルス検査
問診、血液検査
名古屋市の肝炎ウイルス検査も受け付けております。
ABC検診 血液検査でピロリ菌に対する抗体と胃炎や粘膜萎縮の度合いを反映するペプシノーゲンを測定する検査で、胃がんの発生リスクを評価します。費用は 1,500円(税込)です。
ピロリ呼気試験
(尿素呼気試験)
専用の機器で呼気を調べることで、ピロリ菌の有無をその場で診断します。費用は 6,500円(税込)です。

総合病院との連携医療

はせがわクリニックでは、天白区内の総合病院である名古屋記念病院や、名古屋第二日赤および名古屋市立大学病院と連携して、地域に根差した専門性の高い診療を提供しております。

より専門性に特化した高度な医療が必要になった際も連携医療によりスムーズな対応が可能です。

より専門性に特化した高度な医療が必要になった際も
連携医療によりスムーズな対応が可能です。

ページの先頭へ戻るPAGETOP