内視鏡検査ENDOSCOPY

大腸カメラ検査

天白区のはせがわクリニックでは、消化器病や消化器内視鏡等の多数の学会認定医・専門医を有する院長が大腸カメラ検査を行っております。
これまで多くの大腸カメラ検査を行ってきた経験と熟練した技術で、出来る限り痛みをやわらげる診療を提供します。
また、先進の内視鏡設備と安全に配慮した鎮静剤で、「痛い」「苦しい」などのイメージがある大腸カメラ検査による負担を軽減します。

大腸カメラ検査
について

粘膜や毛細血管などの
近接観察も可能
従来のハイビジョン画質を大幅に上回る高精細画像を実現する内視鏡ビデオスコープシステムです。
観察性能に優れており、胃や大腸などピント合わせの難しい狭い空間においても、鮮明な画像を映し出し、がんなどの微細病変の早期発見に役立ちます。
大腸カメラ検査
大腸カメラ検査の特徴

*

大腸カメラ検査とは、肛門からカメラを挿入し、大腸内を観察して大腸のポリープや炎症、癌などの病気を見つけます。診断だけでなく、大腸癌の原因となるポリープを発見した場合、その場でポリープ切除が可能なため、病変の早期発見や早期治療に繋がります。
当院では痛くない内視鏡検査を目指しており、先進設備の導入や治療技術の向上以外にも、鎮痛剤の使用や二酸化炭素を送気して検査後の苦しい腹部膨張感を抑えるなどの様々な工夫で快適な内視鏡検査に努めます。

大腸カメラ検査で
発見可能な病気

便潜血検査などに比べ、大腸カメラ検査では直接カメラで腸内を観察できるので、小さな腫瘍を見逃さずポリープ切除による早期大腸癌などの治療がその場で行えます。早期発見による治療で病変の進行を防げるのが大腸カメラ検査の最大のメリットとして挙げられます。

  • 大腸癌
  • 大腸ポリープ
  • 大腸憩室症
  • 潰瘍性大腸炎
  • 直腸潰瘍
  • 虚血性腸炎
  • 感染性腸炎
  • クローン病
  • 痔核
大腸癌
大腸癌の原因となるポリープ

大腸癌とは、大腸内にある腺腫の悪性化などが原因で血便による出血、便秘と下痢の症状を引き起こします。さらに悪化すると腸閉塞や肺・肝臓などの転移が見られます。
日本人の死亡原因1位の癌の中でも特に死亡率が高く、年々増加し続けています。初期症状がほとんどなく、症状が出た頃には癌が進行している場合が多いため、いかに早い段階で原因となるポリープを発見して治療していくことが重要になります。
そのため、ポリープの早期発見・治療に有効な大腸カメラ検査を定期的に行うことを推奨します。

潰瘍性大腸炎
「正常な粘膜」「潰瘍性大腸炎」「治療後」

潰瘍性大腸炎は、腸の粘膜に炎症によるびらんや潰瘍が発生して長引く下痢や腹痛を引き起こします。重症化すると発熱や貧血、最悪の場合は癌化することがあります。
原因としては食の欧米化による栄養バランスの崩れなどが挙げられ、年々急速に増加しています。下痢症状や経過診察だけでは診断確定が難しい潰瘍性大腸炎は、大腸カメラによる粘膜観察で瞬時に判断が可能となり、治療薬の投与で症状を改善できます。

検査に伴う偶発症について
大腸カメラ検査や大腸ポリープ切除術を行った際に、ごく稀に治療した部分が潰瘍となり出血が続いたり、腸穿孔(腸に穴が開くこと)を起こしたという報告があります。
また、腸の動きを抑える注射や鎮静剤のお薬によってアレルギー反応が起こる危険性もあります。このような危険を回避するため常に細心の注意を払っておりますが、万一の事態に備えて当院で適切な処置を行えるような治療体制を整え、連携病院への緊急搬送も含めて対応いたします。

当院のこだわり

天白区のはせがわクリニックでは、患者様に安心して大腸カメラ検査を受けていただけるよう
高精度の検査設備や万全な医院体制を整えて病変の早期発見・治療に努めます。

こだわり01

どなたも
安心・快適に検査を行える
医院環境づくり

  • *
    一人ひとりに
    目が届く看護体制
    検査中、患者様の心身のケアが行えるよう、常時3名の看護師がサポートにあたります。
    患者様の異変に気づけるよう一人ひとりに目を配りながら寄り添い、患者様の不安を取り除きます。
  • *
    時間をかけた
    丁寧な説明
    当院では、大腸カメラ検査の時間を必ず患者様1名につき1時間確保しています。
    時間をたっぷり取ることで、検査後の検査結果・治療方針についての説明をしっかり受けていただきます。
  • *
    お忙しい方も気軽に
    検査ができる診療体制
    土日休みの方も検査が受けられるよう、はせがわクリニックでは土曜・日曜も大腸カメラ検査を行なっています。
    土曜午前の検査では女性ドクターも在籍し、通いやすい診療体制を整えています。
  • *
    リラックスできる
    専用の広々検査室
    検査は内視鏡専用の検査室で行ないます。清潔感溢れる広々設計で、周りを気にせず検査に専念いただきます。
    ご希望があれば、お連れの方と一緒に入室いただき検査の様子をご覧いただけます。
  • こだわり02
    検査器具の滅菌で
    院内感染を予防
    患者様に安心して検査を受けていただくため、使用した大腸カメラは検査ごとに専用の内視鏡洗浄機でしっかりと洗浄します。
    ディスポーザブル(使い捨て)器具の活用や、リユース器具においても手洗いだけではなく専用の超音波洗浄と高圧蒸気滅菌器で細菌・ウィルスを徹底除去します。
    *
  • こだわり03
    丁寧な検査で
    合併症のリスクを最小限に
    大腸カメラ検査では、ごく稀に切除手術に伴う腸管出血や腸穿孔などの合併症を引き起こします。
    研鑽を積んだ専門医による慎重な検査と熟練の看護師によるサポートで、現在までポリープ切除による合併症はゼロです。特殊な処置器具や粘膜下注入材でポリープの取り残しを防ぎます。
    *
こだわり04
心身の負担を軽減する
痛みに配慮した工夫
大腸カメラ検査は苦痛が伴うものというイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。当院では、患者様にかかる痛みを少しでも軽減できるよう痛みに配慮した様々な取り組みを行なっております。
大腸カメラ検査では、挿入時に腸が伸ばされることで痛みが生じるため、送水気の使用や二酸化炭素の送気で腸を膨らまして痛みをやわらげます。また、二酸化炭素は空気と比べて体内吸収が良いため、検査終了後の苦しい膨脹感も改善します。その他にも、一人ひとりに最適な下剤の選択や鎮痛剤の使用で辛くない大腸カメラ検査を提供します。
患者様一人ひとりに最適な
「腸管洗浄剤」をご提案
*

正確な検査を行うために、検査前には腸内をきれいにする必要があります。洗浄剤を用いた腸内洗浄は3時間程度かかるため、人によっては検査より腸内洗浄が辛いという方も少なくありません。
そんな辛い腸内洗浄を少しでも緩和するため、当院では4種類の洗浄剤を用意し、患者様の年齢、疾患や希望に応じて最適な洗浄剤を処方しています。

腸管洗浄剤について詳しく見る

大腸カメラ検査の流れ

天白区のはせがわクリニックでは、お電話やWEBでの大腸カメラ検査のご予約を承っております。便潜血陽性や便通異常のある方、大腸ポリープ切除後の経過観察の方はご利用ください。当院から折り返しご連絡いたします。
大腸カメラ検査前日までに必ず一度当院へ受診していただく必要があり、検査内容や事前準備などのご説明および腸管洗浄剤のお渡しをいたします。大腸カメラ検査を行う前に、必ず腸管内を洗浄する必要がありますので、ご了承ください。また、医師とご相談して検査方法を決めたいなどの不明点がある方は、まずは診察にお越しいただきご相談ください。

FLOW

検査前
診察
*

検査を行う前に診察にて既往歴や現在内服しているお薬などお伺いします。検査内容や事前準備についてしっかりご説明させていただいた上で、検査日を決めていただき後日検査を行います。
前日準備に必要な下剤などは診察時にお渡しします。

検査前日
*

大腸カメラ検査を正確に行うためには、前日の食事制限や下剤による腸内洗浄で腸内をきれいにする必要があります。
食事後、下剤を飲んで翌日の検査に備えて早めの就寝を心がけましょう。

検査前の食事について
食事は前日の21時00分までにお済ませください。消化に良いものを中心に、キノコや海藻などの繊維質の多い食べ物は控えるようにしてください。水分は、水・お茶・スポーツドリンクであれば飲んでいただいて大丈夫です。
検査当日
ご自宅での準備
*

午前9時00分頃より、ご自宅で腸内をきれいに洗浄する下剤(モビプレップ等)を飲み始めます。数回に分けて合計1~2リットル程度飲んでいただきます。飲み始めて1時間ほどで液体のような便になり、回数を重ねるごとに便の色が薄くなってきます。

検査前の食事について
起床後~検査終了まで食事は出来ません。
水分は、水・お茶・スポーツドリンクをしっかり飲んでいただいて構いません。
服薬について
常備薬を飲まれている方は、診察時の指示に従い服用してください。
糖尿病の薬(インスリンも含む)は当日服用しないようご注意ください。
来院について
検査の際に麻酔を希望される方は、眠くなる薬を使用するため、車やバイク、自転車を運転しての来院はお控えください。
  • *
    ご来院
    検査予約時間の30分前にご来院いただけるとスムーズに検査が進められます。
    医院に着きましたら診察券をお持ちになって受付を済ませてください。
  • *
    検査
    受付後、検査の時間になりましたらお渡しする専用の検査着に着替えていただき、内視鏡室に移動して検査を開始します。(使い捨ての検査着です。使用後にゴミ箱に捨ててください。)
    ①事前準備

    内視鏡室のベットに横になってください。
    腸の強い動きで検査や処置が難しくなるため、検査の前に腸の動きを抑える薬(ブスコパンかグルカゴン)を筋肉に注射します。鎮痛剤を希望された方も、事前準備の段階で注射します。

    鎮静剤・鎮痛剤について

    大腸カメラによる内視鏡検査の負担を少しでも軽減させるために、ご希望の方には鎮静剤と鎮痛剤を使用しております。
    鎮静剤・鎮痛剤による静脈麻酔で緊張が和らいでリラックスでき、ウトウト眠くなるような感覚に陥ります。個人差はありますがいつのまにか検査が終わったように感じられ、心身の負担を軽減できます。

    鎮静剤について詳しく見る

    鎮静剤・鎮痛剤の方法
    *

    鎮静剤・鎮痛剤の投与は体重や年齢に応じて調整し、細心の注意を払って行います。
    自動血圧計を装着してモニター上で呼吸状態や循環動態を把握し、点滴を行いながら進めるので、万一の急な体調変化にも迅速に対応できるよう万全な状態を整えております。

    副作用について

    稀に、アレルギー反応や呼吸の抑制、血圧低下などの副作用がでる場合があります。
    副作用を軽減するために、検査後には鎮静から回復するお薬を点滴します。

    終日、薬の影響で眠気やふらつきが生じることがあります。
    検査後は自動車やバイク、自転車などの運転はできません。
    また、危険を伴う仕事も避けてください。

    ②検査開始

    肛門に挿入時の痛みを緩和するゼリーを塗布し、肛門から大腸カメラを挿入していきます。カメラが盲腸に届いたら、カメラを引き抜きながら腸内をじっくり観察していきます。
    検査中はリラックスして体の力を抜くことで負担を軽減できます。
    検査中にポリープや癌が見つかれば、粘膜の組織採取やポリープ切除をその場で行います。

    大腸ポリープの治療

    大腸カメラ検査でポリープを発見した場合、その場で内視鏡による日帰りポリープ切除が可能です。名古屋市天白区高宮町のはせがわクリニックでは、多数の治療経験を持つ消化器内視鏡専門医による丁寧でやさしい治療技術でポリープ切除を行います。

    ポリープの種類

    ポリープといっても、全てが内視鏡で切除するわけではありません。
    6mm以上の腺腫、早期の大腸癌が内視鏡で切除するべきポリープになります。大きさや形態によっては開腹手術が必要となることもあります。

    • *

      腺腫

    • *

      過形成性
      ポリープ

    • *

      大腸癌

    • *

      若年性
      ポリープ

    ポリープ切除方法

    当院では、切除するポリープに対して内視鏡的粘膜切除術(EMR)を行っています。金属でできたスネアという輪っかをポリープにひっかけ、高周波の電波を流して焼き切ります。

    • *
      生理食塩水を
      注入
      ポリープの粘膜下に食塩水を注入して隆起させます。
    • *
      スネアを
      かける
      持ち上げたポリープにスネアをひっかけて締めます。
    • *
      焼き切る
      高周波による通電で、焼き切って切除します。
    • *
      傷口を塞ぐ
      クリップで粘膜を挟んで傷口を塞ぎます。
    ③休憩
    *

    検査終了後、横になっていただいて少し休みます。鎮静剤を使用された方は、1時間程リカバリールームで休んでいただきます。

  • *
    検査終了後
    着替えた後、診察室にて医師による検査結果の説明を撮影した画像を見ながら行います。
    組織採取・ポリープ切除を行った場合は、後日病理結果をご説明いたします。
検査後

大腸カメラ検査後、以下のことにご注意ください。

検査後の食事について
検査後の水分・食事制限は特にありません。組織検査を行った場合は2日間、ポリープ切除を行った場合は4日間はアルコールや旅行を控えていただきます。

大腸カメラ検査の費用

初診料、再診料などは別途必要です。

横にスワイプしてご覧ください。

検査内容 1割負担 3割負担
観察のみ 約1,700円 約5,000円
観察+鎮静剤 約2,150円 約6,500円
観察+生検
(組織検査)
約2,700円 約8,100円
ポリープ
切除術
約6,000円 約18,000円

※料金は目安となります。使用する薬剤の組み合わせにて、多少の違いがあります。
生検(組織検査)・ポリープ切除術はその個数により費用は異なります。

当院では、使い捨ての検査着(パンツ・上着)を使用していますが、
追加の検査着代等は頂いておりません。
また、日帰りの大腸ポリープ切除や、胃カメラ・大腸カメラ検査の同日受診も可能です。

ページの先頭へ戻るPAGETOP