いちょうブログBLOG

機能性ディスペプシアってご存知ですか?

はせがわクリニック 院長 長谷川俊之です。
今回は、胃の病気である「機能性ディスペプシア」について少しお話します。
 
皆様は、「胃の痛み」や「胃もたれ」が続いて辛い経験はありますか?
特に強いストレスがかかった後や
高脂肪食や辛すぎる食事、多量の食事を摂られた後に自覚されることが多いのですが
これらの症状がしばらく数日は続くことがあります。
 
胃の辛い症状から胃潰瘍や胃癌ではないかと心配されて、クリニックを受診される方が多くみられます。
しかし、実際に胃カメラを行って診るも
痛みの原因となる胃潰瘍や胃癌はなく、胃炎もそれほど強くないことがあります。
この病気が「機能性ディスペプシア」です。
 
機能性ディスペプシアの原因は、ストレスや食べ物(コーヒーや高脂肪食)の影響により
胃の動きが悪くなったことが挙げられます。
そのため、胃の上部で食べ物が長時間停滞したり
少しの胃の拡張で痛みを感じやすくなったりして、胃の辛い症状が出現します。
 
治療の基本は、ストレスや食べ物(コーヒーや高脂肪食)を避けること、適度な運動をすることです。
それに加えて、胃の動きを改善させるお薬「アコファイド」が効く方も多くみられます。
このアコファイドを毎食前に内服すると、胃もたれや胃痛症状が改善されることが多いです。
ただ、アコファイドを医療保険で処方するためには、必ず事前に胃カメラで胃の中を確認する必要があります。
 
辛い「胃の痛み」や「胃もたれ」が続く方は是非とも当院へご相談下さい。
胃カメラ検査や内服治療を一緒に考えていきましょう。
2020年9月
7月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 
ページの先頭へ戻るPAGETOP